受験老人日記~高齢で医学部と司法試験に大挑戦~

58歳の何のとりえもない男が、医学部と司法試験を同時に、しかも短期間で合格することを目指すという無謀な冒険に乗り出した

11月の終わりの状況(その1)

さて、現状に近づいてきた。11月終わりの状況である。 受験老人は、勉強だけはマイペースでできると自負していたが、11月下旬以降はペースダウンがひびき、ほとんど進まなかった。 それでも、少しずつは進んだ。状況を報告する。まず医学部受験から。   (古文)古文単語のゴロゴが終わり、古文読解のゴロゴを3分の1ほど読み終えた。2つのゴロゴは連動しているのでよい古文単語の復習になる。 (漢文)漢文一問一答…

大阪城勉強法

受験老人は先日、個人的な用があって大阪に行った。 大阪には万博以来、何回か来たことがあるが、あまり大阪の名所には行っていない。 今回は仕事ではなかったため、比較的時間があった。そこで、まだ行ったことのない場所の一つ、大阪城を見に行くことにした。   宿から電車に乗って天満橋で降りた。 地上に出て角を曲がった。すると、早くも遠くに城が浮かび上がった。それは緑色に燦然と輝いていた。   さて、ここか…

ペースダウン

11月下旬・・・・この日記も現在にほとんど近づいてきた。 ここまで遅れ気味ではありつつも、何とかペースを守って進めてきた私こと受験老人の勉強だが、この時期になって、突然、ペースダウンしてしまった。 理由は仕事。   仕事のことは、これまであまり話していなかったが、どっこい私も仕事を持っている。ある程度マイペースでできるところは職場に感謝しなければならないが。 しかし、普通には忙しい。 私の職場で…

英語を1か月で終わらせるぜっ!

少し前に、英会話が全くできないという泣き言のようなブログを書いた。それは事実である。 一方、私は文法には自信があった。 TOEFLが昔の方式だった時には、文法で満点をとったおかげで留学ができた。リスニングが壊滅的状態でも、何とかそれを補えた。 しかし、それからずいぶん時間が経っている。今年3月に試しにやったセンター試験の過去問では、文法部分も数問間違えた。(リスニングはもっと間違えた。) だから…

高齢でも本当に医師になれるのか?

高齢でも本当に医師になれるのか?この問題は受験老人もずっと考えてきた。   高齢で医学部に入学したとしても、頭の働きが悪く、留年を繰り返すだろう。 先生方も自分より年上の学生に指導しにくいだろう。 国家試験に何年も落ち続けるだろう。 体力が続かず、研修で脱落するだろう。そもそも研修を引き受けてくれる病院はないだろう。 たとえ医師になれたとしても、その後わずかな期間しか医師を続けられないだろう。 …

マンガ勉強法

この日記も現在にだいぶん近づいた。   11月も中旬になった。いよいよセンター試験まであと2か月になった。だが私はあまり心配してはいなかった。いざとなれば、残り1か月で何とかなると踏んでいた。   だが、心配なのは、やはり司法試験予備試験のことだった。特に、民法が全くと言っていいほど進んでいなかったのだ。 なぜかわからない。債権の途中でストップしていた。何のことやらさっぱり分からなくなっていたの…

やんごとない方たちとの思い出(その2)

さて、前回、皇室のコーディネートは大変だという話をした。中でも特に、最高級に大変なのが天皇・皇后両陛下である。 仮に大臣が任期中、突然亡くなったとしても、当面、総理大臣その他の大臣がその大臣ポストを兼任するか、新大臣を任命すればよい。 また、最悪、内閣総理大臣が亡くなっても、選挙するとかで新たな総理大臣を決めればよい。(大平内閣、小渕内閣等の例もある。)むしろ、総理になりたい政治家は山ほどいる。…

やんごとない方たちとの思い出(その1)

皇居勉強法のことを書いたついでに、皇室との思い出話を。 まず皇太子さん。(親しみを込めてさん付けで呼ばせてもらう。) 受験老人は皇太子さんと同じ学年である。 私が生まれた年はミッチーブームで沸き返った。 皇太子さんが生まれた後、たまたま家の近くを両陛下の車が通りすぎたことがあった。 皆、日本の旗を振ってその車を見送った。 私の父は、この時、まだ小さかった私を抱えつつ、母に「○○(私の名前)だって…

皇居勉強法(その2)

さて、前回の続きである。皇居勉強ウオーキングに出た私は、皇居一周5キロのコースをずんずん歩いて行った。 (そういえば、古文単語のゴロに、「ずんず読む」というのがあった。「ずんず」の訳=「読む」。まさにそれを実践している。)   皇居前の広場を通り、まっすぐな一本道。右側はビル群が連なるが、皇居外苑となる左側はステキな眺めである。 大手門のあたりで1科目目が終わった。「商法」を読んだのだが、いつも…

皇居勉強法(その1)

11月になり、風もずいぶん涼しくなってきた。 実は受験老人、結構仕事も忙しい。このため土日もたいてい職場に出てきている。ワーカホリック気味である。 だが、基本的に研究っぽい仕事であるので自分のペースで進めていける。 普段、勉強をするため平日は無理やり7時くらいで仕事を切り上げている。そのツケを週末でカバーしているのだ。 ただ、休日手当をもらっているわけでもないので、その分、職場で自由にゆったり過…

10分間勉強法!

11月になって、私の勉強はフル稼働し始めた。 (医学部受験) ・古文 板野ゴロゴ古文読解(1章ずつ読む) ・漢文 板野ゴロゴ漢文、一問一答(2pずつ読む) ・地理 村瀬地理、瀬川センター試験地理(センター試験過去問をやり関連部分を読む) ・数学 数学(ⅠA、ⅡB、Ⅲ)(カード式勉強) ・化学 大宮(理論、無機、有機)、センター試験が面白いほどよくわかる(カード式勉強) ・物理 漆原(力学、波動、…

10月の終わりの状況(その2)

さて、10月の終わりの司法試験予備試験の勉強の状況であるが・・・驚くほど進んでいなかった。 9月の終わりの段階では、刑法と憲法の2科目については、最初取り組んでいた本を読み終えていた。だが、理解は圧倒的に不足していた。 だから、それぞれ、インターネットの無料講座を聴いたり、公務員試験用の問題をしたりして、順次、ソフトランディングを図ろうとしていた。 だが、それは実は、あまり進まなかった。やるべき…

10月の終わりの状況(その1)

10月になり、センター試験の願書を提出した後も、引き続き勉強を続けた。 日に日に涼しくなり、だんだん過ごしやすくなってきた。ただし、勉強の調子がぐっと上がるかというと、そうでもなかった。 若い人の場合、急に視野が拓け、理解が進み、成績がぐっと伸びるということはあるかもしれない。 私の場合もそうだった。大学院の浪人をしていた時、当初はまったくダメで、東大理ⅠすらE判定だった。 だが、何度か模試を受…

恥ずかしい出願

さて、10月になると、いよいよセンター試験の出願が始まった。 出願のための資料は、9月に学会があった時、ある大学で入手していた。守衛さんのところでもらえたのだ。 さて、それからいざ出願しようとして、大変なことに気づいた。 ・・・・高校の卒業証明書が必要だというのである。 今の今まで気づかなかった。間抜けにもほどがある。何やってんだ。 とにかく卒業証明書は必要だ。そのためには出身高校に連絡して、そ…

なんでこんなに英会話ができないの??(その4)

こうして、海外には何年もいたにもかかわらず、結局私は英語は上達しなかった。 日本に戻って来て、英検準一級の試験を受けた。 すると、筆記試験はなんなく通ったが、面接試験で見事に落ちてしまった。案の定。 しかし、とにかく受からないと面目がたたない。面接の内容は4コマ漫画を見て、それを英語で説明するというものだった。 私はとにかくあらゆる英検の問題集を買い込んだり、4コマ漫画を見ては、その説明を英語で…

なんでこんなに英会話ができないの??(その3)

さて、前回述べたような事情で、私は2年半ほど、ドイツ語圏にある国際機関に勤めることになった。 だが、恥ずかしながら英会話能力は散々だった。 1対1なら、何とか自分の意思を伝えることができるようになった。そして相手の話が分からない場合にも、繰り返して聞いて何とか理解した。 ところが、3人以上の会話や、ディスカッションになると、全くついていけないのだ。 私の上司に当たる米国人も、私のことを快く思って…

なんでこんなに英会話ができないの??(その2)

さて、留学から戻っても私は英語の勉強は続けた。 English Adventure等の教材、English JournalやCNNニュース等の雑誌、Magic Tolkers等の機器も買った。 真面目に聴き続けた。しかし・・・・私の英会話力は全くと言ってよいほど上達しなかった。 そして、まずいことにフランス語にも手を出してしまった。 勤め先で研修があったため、思わず参加したのだ。しかしリエゾン等…

なんでこんなに英会話ができないの??(その1)

これまで入試英語のことは全く書いていなかったが、実は全く準備していない。 それで大丈夫か、自信はない。 では私は英語が得意なのかというと、外面的には、得意なように見える。 それは、昔の時代の英語の勉強法をしてきたおかげだ。つまり、文法と単語である。 単語だけは昔から、めちゃくちゃ覚えた。英語に関しては単語力と文法力だけで大学に受かったといっても過言ではない。 一方、昔から「英会話」つまりリスニン…

9月の終わりの状況(その2)

さて、9月末の司法試験(予備試験)の勉強の状況である。 一言で言って、なかなかはかどっておらず、やったところの理解もしていなかった。 なんせ、言葉が覚えられないのである。 大学入試で古文単語をゴロで覚えるのとえらい違いである。(そちらの方はすいすい覚えることができていた。) おそらく、司法試験そのものに対する拒否感のようなものがあるのだろう。 私は、思い出した。今から三十数年前、行政の試験を受け…

9月の終わりの状況(その1)

さて、その後はまずまず順調に進めてきた。この日記もだんだん現在に近づいてきた。 9月の終わりの時点での状況を述べる。 (医学部受験) ・数学  カード式で数ⅠA、数ⅡB、数Ⅲの問題をやり続けていた。 正確に覚えていないが、たぶんこの時点で1周分がちょうど終わったくらい。簡単な問題は、あっという間に解けた。紙に書かないで眺めるだけだからいい加減かもしれないが。でもこの方法だと1日に1時間弱で20問…