受験老人日記~高齢で医学部と司法試験に大挑戦~

58歳の何のとりえもない男が、医学部と司法試験を同時に、しかも短期間で合格することを目指すという無謀な冒険に乗り出した

皇居勉強法(その2)


さて、前回の続きである。皇居勉強ウオーキングに出た私は、皇居一周5キロのコースをずんずん歩いて行った。


(そういえば、古文単語のゴロに、「ずんず読む」というのがあった。「ずんず」の訳=「読む」。まさにそれを実践している。)
 


皇居前の広場を通り、まっすぐな一本道。右側はビル群が連なるが、皇居外苑となる左側はステキな眺めである。


大手門のあたりで1科目目が終わった。「商法」を読んだのだが、いつもよりなぜかすごく理解ができた。
 


時々、本道から中道に入るところが出てくると、すかさずそこに回り込んだ。


1科目目が終わり、2科目目に突入。刑事訴訟法だ。これは読みやすいので難なく読める。


竹橋の地下鉄の駅を通り過ぎると道は上り坂になる。道は狭くなる。しかし私は読みつづけた。
 


上り坂が終わると、一気に視界が開けた。そこは横道に入ると、公園のようになっている。


ベンチがあるので腰かけ、2科目目を終わらせた。


隣に秋田犬を連れた人がいた。携帯のコマーシャルに出てくる「お父さん」や、ザギトワの「マサル」のようにかわいい。


なんでも、イヌの大会に出し、賞を狙っているとのこと。


 
さて、私はその後、再び勉強ウォーキング開始。3科目目に突入した。今度は刑法。問題をやるので難物。


だが、歩いているとあまり文字を追えない分、じっくりと頭で咀嚼する時間が持てる。


ずっと下り坂が続いた。やっとスタート地点の桜田門着。それから仕事場に戻るまでに3科目目を終わらせた。


約1時間半。普段休み休みする3科目の勉強よりは理解できた感じだ。


 
そして、それから血圧を計って驚いた。普段は100前後の血圧が85になっていた。一石二鳥だっ♪♪


・・・・私はこの皇居勉強法、今後も続けることを固く決意した。


 
p.s.その後・・・・


私はそれまで知らなかったのだが、ある日皇居ウォーキングをしていて、大手門のところから皇居の東御苑に入れることが分かった。


すごい綺麗な遊歩道が張り巡らされ、ジョッガーもいない。まさに「皇居勉強法」には最適の場所だと知った。


これなら受験老人は6科目くらい終わらせることができる・・・・。