受験老人日記~高齢で医学部と司法試験に大挑戦~

58歳の何のとりえもない男が、医学部と司法試験を同時に、しかも短期間で合格することを目指すという無謀な冒険に乗り出した

セコすぎる話(ゼロ円勉強法)


私こと受験老人は、参考書等をブックオフで買うことを基本にしている。


高い金を払って新品を買っている方々からすると、セコい話だが、まあこれをモットーにしているのだから仕方ない。


しかし、さらにセコい話がある。



ブックオフにも、高い本と安い本がある。私が買うのはだいたい100円か200円の本だ。


そうではない本は、やたらと高くなる。だいたい半額が基本。定価が1,000円なら500円だが、定価が2,000円なら1,000円で売られている。


だが、それは受験老人にはチト厳しい。何とかならないか。特に司法試験の本はやたら高いと思うので。



しかし、私はある時、私の子供から、ブックオフで本を買う時は、必ず、書き込みがないか探せ、と命じられた。


つまり、書き込みがある場合、それを指摘すれば、高い本でも100円で買えるというのだ。


ラッキー。



それ以来、私はちょっと欲しい高めの本があると、買う時に店員さんに指摘した。「あの〜ここに書き込みがあるんですけど、安くしてもらえませんかぁ〜。」


すると店員さんは、いかにも申し訳なさそうな顔をして、「ああ、そうですか。本来ならお売りすることはできない本ですけれど、100円でも買ってもらえたら・・・・。」


しめしめ、高い本を100円でゲットできたぁ。私はニンマリするのだった。たぶん店員さんも、心の中では憎々しいと思っているのに違いないが。



ところがこの方法、いつも成功するとはかぎらない。結構高飛車な書店(どちらが??)もあるのである。


どんなに書き込みがあり、こちらがどんなに食い下がろうとも、それは店の方針ですので、と譲らない。私はやむなく買うのをあきらめるのである。


でも、そうした書店はきまって、客の入りが悪い。閉店したところもあった。本当に相関関係があるのかどうか分からないが・・・・。



しかしとにかくこの方法は、特に参考書の場合はありがたかった。書き込みがある場合が多いので。特に最初の方のページに。


そうして、セコくやるやり方を身につけてしまった。安上がり勉強法である。



しかし、実は、それよりもさらにセコいことをしてしまった・・・・



3月の終わり頃のこと。日曜日の朝、私はいつものようにゴミ出しをしていた。


日曜日は、紙ゴミの日である。私も紙袋に入れたチラシや紙類を持ってゴミ集積場へ向かった。


そして、ゴミを置いたところ、おおうっ・・・・



そこにあるゴミの山には、いっぱいいろいろな参考書や問題集の入った本の束が置かれていた。


おそらく、受験が終わった者が、後くされなく、それまで自分が使った本をまとめてゴミに出したのだろう。


これまで、受験を考えていなかった時には、そんなものは、目に留まらなかった。


しかし、今やできるだけカネのかからぬ受験を考えている我が身には、それは宝の山だった。


特に、センター試験の模擬試験の問題集が何冊かあるのを目ざとく見つけた。



ううっ、これ欲しいっ。センター試験用に絶対役に立つ。


私は思わず周りを見回した。


誰も来ていない。ようっし。覚悟を決めた私は、その何冊かをすばやく取り、何食わぬ顔でその場を立ち去ったのであった。


だが、内心ひやひやだった。ものすごく悪いことをしているような気がしたのだ。



・・・・TOKIOの「ゼロ円食堂」ならぬ「ゼロ円勉強法」である。しかし、あまりにセコすぎるかも。



・・・・ただ、その時は何も思わなかったが、今や予備試験を目指す身である。


とりあえず、所属する自治体に条例等の禁止が謳われているかどうか調べた。だが、そのような項目は見つからなかった。


また、私の住んでいるところはマンションの一角であり、ゴミ集積場もその中にいくつか設置されている。


規則を調べたが、そんな記載はなかった。まあ、そんなことをする人は想定していないのかもしれない。



だがだが・・・・さらに考えた。


このような本の中には、書き込みがあるかもしれぬ。もしそれを書いた本人が、自分の書き込みをしたものを、他の人が勝手に使っているのが分かったら、何と思うか。


それを考えると、私は二度と、こんなことはすまいと思ったのだった。


それに、他人のフンドシで相撲をとって、たとえ万一合格したとしても、絶対に後味が悪いだろうから・・・・。