受験老人日記~高齢で医学部と司法試験に大挑戦~

58歳の何のとりえもない男が、医学部と司法試験を同時に、しかも短期間で合格することを目指すという無謀な冒険に乗り出した

予備試験 再始動!

そういえば、司法試験予備試験の出願って、今じゃなかったっけ。 私はそうした手続きをすっかり忘れていたことに気付いたのだ。 もう締め切りに間に合わないかも・・・・そう思って法務省のホームページをおそるおそる開いた。   「願書の交付は平成31年1月4日(金)から同年2月1日(金)まで」 私は安堵した。締切に遅れていたら笑い話だ。 しかも、願書の交付は、郵送以外に、直接法務省に取りに行ってもいいらし…

ぼんやり考えた

センターが終わったあと、受験老人は昨日は一日、仕事で残業をしつつ、ぼうっとしていた。   頭の中では、ああ、自分はもっといい点が取れたのではないかという考えが渦を巻いていた。 数ⅠAで答えの欄を書き間違えて10点くらい落とした。 物理と化学で普段はしないような簡単な間違いでそれぞれ10点落とした。 英語は・・・・ああ、何でこんな単純なミスをしたのだろう。あと20点くらいあって当然だった。   何…

センター試験・・・・その結果

センター試験が終わった。 それとともに、受験老人の一つの挑戦が終わった・・・・。 初日、遅れそうになって息せき切って受験会場に入った。 教室は静かだった。若い子たちばかりだった。私の子どもたちよりも下の世代だ。 皆初々しい。つるつるしている。(表現が変か?でもそう感じた。) 座席が分からない。おろおろしていると担当の教官が案内してくれた。 教官と言っても私よりはるかに下だ。 すみません、すみませ…

星に願いを

さて、センター試験前日になった。 受験老人は、まだ心がざわついている。 というのは、最後にやった過去問の結果である。 国語:148点 社会:97点 英語:188点 数ⅠA:88点 数ⅡB:59点 物理:96点 化学:94点 お分かりだろう。数ⅡBが全体の合計や平均点を大きく落とした。合計770点、得点率は85.5点である。 解けない問題が出ると動揺する。動揺すると次の問題も解けなくなる。連鎖反応…

受験老人は医学部入試のスタートラインに立てたか?

さて、皇居勉強法のおかげで成績が急上昇し、ちょいと気をよくした受験老人ではあるが、のんびりとはしていられない。 まだまだ問題はある。それは理系4科目以外の、文系科目(地理、英語、国語)の克服だ。 これら文系科目については、ほとんどセンター試験用の対策を講じてこなかった。たとえ理系科目で稼げても、こちらで大きく点を落とすかもしれない。 このため、もう残り時間は少ないが、センター試験の過去問をやって…

かすかに光が

さて、数学の過去問をやってみて激しく落ち込んだ受験老人である。 しかし、へこたれるわけにはいかない。逃げ出すわけにはいかない。 それは、自分の人生から逃げ出すことになるからだ。 あくまで、立ち向かおう。特攻隊のように花と散ってもよいではないか。それが男の美学さっ(なんのこっちゃ??)。   3連休はずっと受験勉強に没頭したいと思っていた私であるが、仕事が入ったため土曜日は職場に行った。 仕事は半…

本当にダメだ・・・・

大ショック・・・・ 数ⅠA:80点、数ⅡB:60点・・・・ 何なんだよなんなんだよ何なんだよなんなんだよ・・・・ 数学の模試問題集が終わったため、センター試験の過去問を印刷してやってみたら、このザマだ。 これまでの8回の模試で、数ⅠAは80点台後半、数ⅡBは80点台前半に乗るまでに来ていた。 このまま練習を続けさえすれば、数ⅠAは90点以上、数ⅡBも90点近くの点が出せると踏んでいた。 だが・・…

伸びない・・・・

センター試験までいよいよあと10日になった。秒読み体制である。 しかし、成績は・・・・伸びない。 数ⅠA:84点 数ⅡB:76点 物 理:86点 化 学:89点 合計:335点 平均:約84点 なんだあ、これって前回と全く同じ点数やんか・・・・ しかも、今回で数学の模試は最後の回。ということは、受験生の自信をつけさせるために簡単になっているはずだ。 ああそれなのに・・・・退化している。 しかし、…

落ちた・・・・

正月も明けた。 受験老人もいよいよ仕事が本格化してきた。今年は私は業務としては最後の年度として、いろいろなことをしなければならない。 本の執筆を依頼されている。また、大学で1コマ授業を持つことにもなっている。 本来なら受験勉強にかかずらわっていられないほど忙しくなりそうだ。 だが勉強も、始めたからにはやり通さねばならぬ。   7回目の模試が終わった。 これまで順調に来ていた合計点・平均点の上昇が…

記録更新はよいが・・・・

昔、旧ソ連(ウクライナ)の棒高跳びの選手にセルゲイ・ブブカという選手がいた。鳥人と呼ばれたすごい選手で、跳ぶたびに世界記録を更新した。 世界記録を何十度更新しただろう。 しかし、そのうちケチがつき始めた。本当はもっと高く跳べるのに、わざと記録を抑えて、世界記録の更新回数を増しているのだと。 その当時、旧ソ連はアメリカに対抗するため、ものすごく選手を鼓舞し、記録を出した選手を優遇した。それに迎合す…

本当に実力がついたのか??

受験老人の年末年始は、勉強で終わった。 考えてみれば、1年前もそうだつた。 その頃は学位を取るのに必死だった。社会人入学した後、何年も放置していたが、期限が来てしまい、ぎりぎりのタイミングだった。 この年で学位を取ってどうするんだという気にもなったが、取ってみるとやはり嬉しい。 名刺にPh.Dと書ける。そして墓石に「博士」と刻められる。(もっとも貧乏老人は墓石を作らずどこかビルで管理してもらおう…

精神一到、何事か成さざらん

正月で、たっぷり勉強時間がとれるため、今しかないと思い、これまで解いていなかった英語と地理の問題をやってみることにした。 国語も解いていないのだが、まだ現国の参考書(センター現代文のスゴ技)をきちんとやり終えていないため、もう少し先までとっておく。 試験問題には、ネットからとってきた昨年の追試の問題を使うことにした。(解説がついていないのはタマにキズだが。)   受験老人は、医学部入試の勉強だけ…

一年の計は、元旦に・・・・あらず

受験老人はこの年末年始はかき入れ時だと思って勉強に励んでいる。 ただ、決して焦るのではなく、マイペースで続けていきたいと思っている。 自分がこれまで知らなかったことが分かるようになり、そして試験の成績も上がる。(かもしれない。) 結果はどうであれ、それは法外の喜びだ。青春の情熱が戻ってきたように感じる。 もっともっと早く、こうした勉強を始めればよかったと思う。 だが、勉強するのに遅すぎることはな…

受験老人は大晦日も予備試験の勉強をやっているぞっ

年末だ。 あっという間に1年が経ってしまった。勉強を始めた最初の頃は、試験までまだまだ先だと思っていたが、もうセンター試験まで3週間を切っている。 だが、最近は書いてはいなかったが、受験老人は予備試験の勉強も、いまだに並行して続けている。 この際、これまで私が読んだ本、読みかけの本を挙げておく。寺本以外は、いずれもブックオフで100-200円で購入したものだ。 (全般) ・図解雑学「六法」(三木…

物理57点・・・・

さて、模試も3回目になった。第1回目、第2回目の反省をいかし、今度こそいい点を取ろうっ! 数ⅠA 第3回目ともなると、結構難しくなってきた。模試は受験生の勉強の進展に合わせてそういう難易度設定をしているのだろう。 しかしこれでこそ醍醐味だ。ううむっ、確率の問題、整数の問題、最後のあたりはできなかった。しかしこりゃ、実力か・・・・。 採点したところ、84点・・・・はじめて80点を突破した。 数ⅡB…

ストリップ式勉強法??

クリスマスイブにセンター試験の模試を解き、激しく落ち込んだ受験老人だったが、気持ちを入れかえて再出発を図ることにした。 ブックオフで購入していたのは駿台の実践模試をまとめたもので、物化は5回分ずつ、数学は7回分ずつあった。 早速、第2回目をやることにした。   私は思いたかった。クリスマスイブにやった問題は、まだ自分にとって初回である。 成績が散々だったのは、単に自分がセンター試験の問題形式に慣…

受験老人はクリスマスイブにセンター模試をやってみた(その2)

さて、クリスマスイブにセンター模試に取り掛かった受験老人である。 まず化学。 3月に解いた時にはちんぷんかんぷんだった。 しかし、問題を広げて眺めてみた。おおうっ、今回は問題の意味がようく分かる。 ぐふ。ぐふぐふ。ぐふぐふぐふ。私はほくそ笑んだ。 これなら結構できそうだぜ。 そうして私は、絶対間違いがないようにようく計算し、検算もしつつ、じっくり進めていった。 やはり、問題をバラバラにしてできる…

受験老人はクリスマスイブにセンター模試をやってみた(その1)

さて、センター試験が近づいてきた現在、そろそろ実践で鍛えていかねばならない。 これまで受験老人がやってきた勉強と現在の状況を晒す。 国語: (現国)板野の現代文ゴロゴ解放公式集(10日間)を8日目までやった。 (古文)板野の古文単語のゴロゴをバラバラ法で一通り覚えた。その後板野の古文読解を一通り読んだ(理解不完全)。 (漢文)漢文一問一答を一通りやった(理解不完全)。板野の漢文ゴロゴを半分ほどや…

受験老人自作のショート・ショート

受験老人は現在、センター試験準備等で忙しく、よく考えながらブログを書く時間がない。 そこで、昔私が書いたショート・ショートを掲載する。  ***************************************************************************************** 人類文明が発達し、自然界に自由に新しい法則を生み出せるような装置が発明された。 …

昔読んで感動した話

勉強で忙しくなり、なかなかブログを書く時間が取れない。 以下、私が昔読んで感動した話を引用する。著者は私が最も尊敬する方、鈴木健二先生である。年配の方ならこの話もお読みになられた方も多いと思う。 鈴木先生はNHKのアナウンサーを退職されてからも、人生塾を開いたり劇場の館長をされたりしてアクティブに活躍された。 現在、私はあくせく勉強しているが、本当は、今後の人生をどうすればよいのか、迷いに迷って…